SSブログ

東京国立博物館(東京都) [東京国立博物館]

東京国立博物館(東博)
東京都台東区の上野恩賜公園内にある「東京国立博物館(東博)」、明治5年(1872年)に創設された我が国最古の博物館である。現在の本館は昭和12年(1937年)に竣工。
D56_0192-ecfef-e70ab.jpeg
久々に博物館でも訪ねてみるかと思い立ち、「国立博物館メンバーズパス」を購入、二千数百円で一年間何度でも入館できる(企画展は除く)。
D56_0212-b4682.jpeg

コロナ禍中でもあり、人はまばらである。
IMG_2878-d1f93-05b79.jpeg

フィルムカメラ時代は博物館の中は暗く、フラッシュ撮影は禁止されていたので、展示品の撮影は困難だった。デジタルカメラ時代になり高感度での撮影が可能になったので、カメラ爺いとしてはやはり撮影したくなる。気の向くままに、なれど撮影禁止のものを撮らないように注意しながら・・。

「老猿(ろうえん)」高村光雲作、重要文化財。
D56_0173-b1faa-6f06a.jpeg
明治26年(1893年)シカゴ万博に出品の作品。お土産売り場にも小型のレプリカが売ってた・・。

「日本沿海輿地図璵(中図)北海道西部」伊能忠敬作、重要文化財。
D56_0169.jpeg
「伊能図」である。2020年の秋に千葉県佐原の伊能忠敬記念館を訪れたが館内撮影禁止であったので、迷わず撮影。

「火焔型土器」伝新潟県長岡市馬高出土、縄文中期。
D56_0185-a9d41.jpeg
「火焔型土器」は昭和11年(1936年)に長岡市馬高で発掘されたのが初め、燃え上がる炎を思わせるところから「火焔型」と称されたと云う。出土は新潟県域の信濃川中流域に集中しているが、東日本の一部地域でも出土する。

「遮光器土偶」宮城県大崎市田尻蕪栗字恵比須田出土、縄文晩期、重要文化財。
D56_0195-8f1ec.jpeg
遮光器土偶は主に東北地方から出土するが、模倣した土偶が北海道南部・関東・中部・近畿地方にも広がっているらしい。

「埴輪 猿」伝茨城県行方市大日塚古墳出土、古墳時代、重要文化財。
D56_0183-88de7-3bff9.jpeg
存在感のある埴輪、猿の埴輪というのも珍しい。

「風神雷神図屏風」(複製)、尾形光琳、宝永末年(1711年)頃。
D56_0194-dbf3a-eba3d.jpeg
東京国立博物館は本物を所蔵しているが、複製が展示されてあった。本物は重要文化財、俵屋宗達の「風神雷神図」を尾形光琳が模写したものと云われる。

「昭和の東京オリンピックポスター」
D56_0208-5d138-83055.jpeg
昭和39年(1964年)のオリンピックポスターが展示されていた。古き時代となってしまったが、やたら感動を押し付ける昨今の風潮には馴染めない・・。

今回は本館と平成館をぶらぶら博物館、構内には重要文化財になっている「表慶館」、奥まったところには「法隆寺宝物館」等があるが、また今度。

「表慶館」                          (Adobe Stock my portfolioに掲載)
D56_0211-cf2b1-54b01.jpeg
明治42年(1909年)東宮皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の成婚を祝い開館、現在は特別展・イベント開催を除き休館している。

「法隆寺宝物館」
D56_0209-b6635.jpeg
法隆寺から皇室に献納された「法隆寺献納宝物」を保存展示するため、昭和39年(1964年)に開館。

「国立博物館」は他に京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館があり、「国立博物館メンバーズパス」で入館できる・・遠いけど。

東京国立博物館(東博)付近地図


(2021年6月〜7月 撮影機材 Nikon D5600、Apple iPhone SE)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。